ヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸)

ヒアルロン酸注入の豊胸は、いわゆるプチ豊胸として知られていますね。ヒアルロン酸注入のなによりのメリットは、メスを入れる必要がないということでしょう。

 

体に傷跡が残る心配もなく、とても手軽に受けることができるのです。また、ヒアルロン酸は体内にいれてもアレルギー反応を起こすことがほとんどありませんから、かなり安全と言えるでしょう。

 

しかし、ヒアルロン酸注入は、いずれヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、半年から1年ほどしか効果がないとされてきました。けれども、現在では従来のヒアルロン酸よりも粒子が大きいものを使用するのが主流になってきましたので、効果もより長持ちし、数年はバストアップを維持できるのです。また、ヒアルロン酸注入での豊胸は、仕上がりがとても自然で、感触も柔らかいです。

 

ちなみに、バストアップのサイズによって、値段は変わってきます。高品質のヒアルロン酸を使うと、やはり費用は高額になるのです。かといって、極端に値段の安いクリニックを選ぶのも考え物です。値段が安いということは、それだけ品質の悪いヒアルロン酸を使用しているということなのです。

 

病院にもよりますが、だいたい10tのヒアルロン酸を注入するのに、5万〜10万円くらいします。これに加え技術料も払うことになるので、さらに高額になるでしょう。なので、2カップ以上のバストアップを望むならば、ヒアルロン酸注入よりも人工乳腺の手術をした方が、費用を抑えられることでしょう。

 

ヒアルロン酸注入豊胸のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • メスを入れない
  • 仕上がりが自然
  • 注入時間が10〜20分と短い
  • 持続期間が2年程度
  • 大幅なサイズアップは高額になる

 

豊胸手術ランキング