インプラント豊胸

インプラントと聞くと、なんだか怖いイメージがあるかもしれません。豊胸手術でもインプラント手術と言われるものがありますが、実はこれは日本の豊胸手術の歴史の中で、最も古い手法です。つまり、バッグ挿入法のことなんです。インプラントとは、埋め込むという意味なのです。

 

豊胸術に使うインプラントは、昔よりもずっと触り心地が良く自然になっています。また、バッグは拘縮が起こってしまうとされていますが、最近のものはぐっとそのリスクも下がっているのです。さらに破損もしにくいので、体にも安心なのです。

 

クリニックにもよりますが、バッグを挿入するときに切開する範囲も、なるべく小さくてすむようになっています。また、ワキの下からバッグを入れるなど、傷跡を見えにくくする工夫もなされているのです。細菌感染してしまう可能性も防ぐことができ、安心して手術を受けられるクリニックも増えています。

 

また、過去にインプラント豊胸手術をしたけれど、抜去したいという人もいると思います。形が不自然になってしまったり、拘縮してしまいさらには炎症を起こして痛みが伴うなど、トラブルに見舞われてしまった場合です。

 

クリニックによっては、バッグを抜去する手術を行ってくれますし、また新しいバッグに入れ替えたいと考えているならば、それも行ってくれるのです。別のクリニックで手術を行った場合でも抜去を行ってくれるところはありますので、取り除きたいと考えている人は調べてみましょう。

 

自然で長持ちする豊胸手術をお探しの方はこちら

豊胸手術ランキング