豊胸手術と授乳

Q. 豊胸手術しても将来授乳できるのでしょうか?

 

A. 豊胸手術しても授乳は可能です。シリコンバッグ挿入法は注意が必要ですが、脂肪注入やヒアルロン酸ならより安全です。

 

豊胸,手術,授乳胸が小さい女性の中には豊胸手術に憧れる人が多いですが、まだ赤ちゃんを産んだことがないと、授乳に問題がないかどうか心配になりますよね。

 

一応は、豊胸手術をしたからと言って授乳に問題はないとされています。脂肪注入やプロテーゼ挿入といった手術方法がありますが、どんな手術をしようとも、乳腺を傷つけることさえなければ、授乳に影響を及ぼすことはないのです。

 

シリコンバッグ挿入

シリコンバッグの手術の場合は、大胸筋の下にバッグを入れる方法以外に乳腺下に入れる方法があります。基本的には乳腺下方も問題はないのですが、場合によっては母乳の出が悪くなってしまうこともあるようです。また、乳腺炎にかかってしまうリスクもあるのだとか。

 

もし赤ちゃんを産んだ後に乳腺炎になってしまった場合は、薬をもらって母乳が出ないようにした方がいいです。そして、主治医に豊胸手術を受けたことがあることをしっかりと伝えましょう。赤ちゃんには母乳ではなく、ミルクを与えるようにします。

 

授乳によって、女性のバストは変化するものです。妊娠をしたら女性はバストが大きくなるのが当たり前です。これは、乳腺組織が大きくなるからなのですが、バッグが入っているからといって、基本的に乳腺に影響を与えることもありません。

 

ヒアルロン酸注入・脂肪注入


どうしても手術をしたいという人はシリコンバッグよりも脂肪注入やヒアルロン酸注入を選びましょう。これらの方法なら授乳時に問題になることはほとんどないでしょう。
そして豊胸手術を受ける際には、事前に妊娠後のリスクについて、医師からしっかりと説明を受けることも大切です。

 

豊胸手術ランキング