豊胸手術と妊娠・出産

Q. 豊胸手術しても妊娠・出産に影響はありませんか?

 

A. 問題はありませんが、心配ならシリコンバッグ挿入より脂肪注入法やヒアルロン酸注入法をおすすめします。

 

豊胸,手術,妊娠,出産豊胸手術を受ける際、大抵のクリニックでは「妊娠・出産には影響はない」という説明をされることでしょう。

 

実際、何の問題もなく術後に妊娠・出産を経験している女性はたくさんいるはずです。それでも、正しい知識は知っておいた方がいいでしょう。

 

シリコンバッグ挿入

まずシリコンバッグを挿入する場合、大胸筋下ではなく乳腺下に挿入したら、もしかしたら乳腺を傷つけてしまう恐れがあります。それによって乳腺炎を起し、出産後だった場合はドクターストップがかかって、授乳ができなくなってしまうことでしょう。完全に母乳で子供を育てたいと考えている人は、シリコンバッグ手術は避けるか、授乳が終わってからにしましょう。

 

ちなみに、妊娠や授乳前後では女性の乳腺は発達するので、そのせいでバッグが破損してしまう恐れがあります。たとえそうなっても、中身のシリコンや生理食塩水が母乳に影響を与えることはありません。しかし、胸の張りのせいで強い痛みが生じることもあるので、人によってはバッグの抜去を行うのです。ちなみに、万が一バッグを胸から取り除きたいと思っても、授乳中であれは乳腺を傷つける恐れがありますのでできません。

 

もしバッグの中身が母乳に交じっていないか心配だという人は、きちんと検査することも可能です。食塩の場合は混じったところで問題ありませんが、シリコンの場合は心配なら検査を受けましょう。

 

ヒアルロン酸注入・脂肪注入


ヒアルロン酸や脂肪注入の豊胸は、乳腺を傷つける心配はほぼありませんので妊娠・出産を控えている方にも特におすすめです
ただし、徐々にヒアルロン酸も脂肪も体内に吸収されてしまうので、胸が小さくなってしまうことでしょう。妊娠出産時は割り切って、授乳後に崩れてしまったバストを復活させるために豊胸手術を受ける方も多いですね。

 

豊胸手術ランキング