Q. 豊胸手術後に注意する点やアフターケアの方法が知りたいです。

 

A. 豊胸手術後のアフターケアは重要です。シリコンバッグ挿入法はマッサージ、脂肪注入法も3週間ほどはマッサージしましょう。

 

豊胸手術後には、実はアフターケアがとても重要になってきます。

シリコンバッグ挿入法のアフターケア

豊胸手術,アフターケアまずバッグ挿入法の場合です。これは、体の中にシリコンバッグを入れるので、体が拒絶反応を起こしてしまいます。

 

カプセル拘縮という現象が起こるのですが、体内から異物であるバッグを押し出そうとバッグ周りに膜ができてしまい、その結果圧迫されて固くなってしまうのです。これによって胸の形が不自然になってしまうだけでなく、痛みも伴うようになります。

 

カプセル拘縮を防ぐには、術後2〜3日は絶対安静にする必要があります。無理に動くと体に負担もかけてしまいますので、可能ならば仕事も休んだ方がいいでしょう。また、抜糸がすむまではお風呂には入らず、シャワーで済ませます。

 

抜糸がすんだ後は、マッサージが必要です。十分なマッサージをするかしないかで、術後の状態は格段に変わるでしょう。ほかにも、術後2週間は胸を圧迫しないよう、ブラジャーの着用は避けます。1か月もすれば、状態は安定してくるでしょう。

 

脂肪注入法のアフターケア

脂肪注入をした場合は拘縮が起こることはありませんが、2〜3週間は安静が必要です。脂肪を移植した部分はとても不安定ですので、定着するまで時間がかかるのです。激しい運動は絶対にしてはいけませんし、マッサージをしないといけません。しっかりとマッサージをしないと、脂肪が石灰化してしまうのです。

 

さらに、脂肪を吸引した部位のケアも重要です。術後は腫れやむくみ、痛みがありますが、マッサージを3週間ほど続けましょう。その方が改善も早いのです。ただし自己流のマッサージではなく、医師の指導をしっかりと受けましょう。

 

豊胸手術ランキング