シリコンバック豊胸

シリコンバック豊胸は、一昔前に主流だった豊胸手術です。もちろん今でも行われています。

 

シリコンバック豊胸のメリットは、1回の手術でも2サイズ、もしくはそれ以上に大きな胸を手に入れることができるので、胸が小さくて悩んでいる人にはうれしいものなのです。また、自分の脂肪を使って豊胸する脂肪注入は、痩せている人の場合は手術を受けることができません。しかし、シリコンバックならば痩せている人でも受けられるのです。

 

当然ながらデメリットもでてきます。個人差はありますが、術後に痛みが伴うということです。日常生活を送るのに支障が出てしまうくらいの痛みや倦怠感を感じる人もいることでしょう。また、術後数年経って、シリコンバッグが劣化し、そのせいで皮膚が引きつるような痛みを感じる場合もあります。

 

さらに、シリコンバッグを胸に入れていると、マンモグラフィーによる乳がん検査を受けることができなくなってしまうのです。産婦人科によってはエコー検査ができるのですが、受けられる施設は少ないでしょう。

 

また、バストが硬くなってしまうという恐れもあります。シリコンバッグは、挿入してからマッサージを定期的に行わないといけないのです。マッサージを怠るとシリコンバッグが硬くなってしまい、バストの形も不自然になってしまいます。改善したい場合は、再手術しかありません。

 

ちなみに、一度入れたシリコンバッグは、再び取り出すことも可能です。挿入時よりも切開の範囲は小さくて済みますし、抜糸も比較的樂でしょう。

 

シリコンバッグ豊胸のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 2サイズ以上大きくできる
  • 痩せている人でも可能
  • 脂肪注入より手術費用が安い
  • 術後に痛みを伴う
  • 将来劣化してしまう
  • マンモグラフィーを受けられない
  • 定期的なマッサージが必要

 

豊胸手術ランキング